IT導入補助金について

IT導入補助金2019 平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

●補助対象経費区分:ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等
●申請類型:A類型
●補助率:1/2以内
●補助額:下限:40万円以上 上限:150万円未満

※パソコン、サーバ購入など、ハードウェアにかかる費用は対象外です。
※交付決定前に導入した費用は補助の対象外です。
※補助金は、事務局から補助対象者に直接支払います。
※補助金額の 1 円未満は切り捨てとします。

詳細は https://www.it-hojo.jp/ をご覧ください。

多数の応募ありがとうございました。1次公募は終了しました。

多数の応募ありがとうございました。2次公募は終了しました。

■補助金対象ソフト AnyONE「エニワン」について

AnyONEエニワン

住宅建築の業務に特化した、管理システムAnyONE「エニワン」は、顧客管理や工程表作成、見積・実行予算から、発注・支払い、工事写真・工事図面の保存、引き渡し後の定期点検等やアフター管理まで、工務店業務の多くをカバーできる幅広い機能を備えた管理システムです。

顧客の管理から見積書、工程表の作成、業者への発注・支払いお施主様への請求・入金状態もこれ一本で管理が可能! AnyONE機能画面1 引渡後のメンテナンス記録や定期点検などの情報も記録工事の図面・写真の情報もAnyONEで一括管理!! AnyONE機能画面2

【 詳しくはコチラをご覧ください。】

■補助費用一例

導入の台数、講習の回数、帳票のカスタムなど、様々な組み合わせが可能です。
交付額の上限まで、ご希望に合わせたプランを作成しますので、お気軽にご相談ください。
※補助金の交付には第三者委員会の審査があり、必ず交付をご約束できるものではありません。

■交付申請の流れ




   
1.本事業についての理解
• 本事業のホームページ(https://www.it-hojo.jp/)や公募要領、本手引き等をよく読み、補助事業について理解します。
2.IT導入支援事業者・ITツールの選定SECURITY ACTION宣言
• 本事業のホームページ上のIT導入支援事業者検索等を活用し、IT導入支援事業者、導入するITツールの選定を行います。また、「SECURITY ACTION」のホームページ上で「★一つ星」または「★★二つ星」のセキュリティ対策自己宣言を行います。
3.事前の商談等
• IT導入支援事業者との間で商談等を進め、交付申請の事業計画策定を行います。



   
4.申請マイページ開設/交付申請開始
• IT導入支援事業者から「申請マイページ」の招待を受け、基本情報を入力します。
「申請マイページ」の開設完了後、交付申請の作成を開始します。
5.基本情報の入力/申請類型の選択
• 交付申請に必要な各種情報の入力や必要書類の添付を行い、「A類型」申請類型を選択(※AnyONEはA類型のみ対象)します。入力・添付が完了すると、IT導入支援事業者による計画数値の入力や、導入ITツール情報の入力がなされます。

   
6.事務局へ提出
• IT導入支援事業者による計画数値等の入力が完了した後、SMS認証による本人確認や交付 申請に関する宣誓を行い、事務局に申請を提出します。
交付申請完了
 
AnyONEエニワンの詳細、補助金・助成金などお気軽にご相談ください